忍者ブログ
  • 2017.03
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017.05
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2017/04/24 14:17 】 |
忌み言葉│結婚式のスピーチで使ってはいけない言葉たち

スピーチでは忌み言葉にじゅうぶん注意が必要です。最近では「忌み言葉」の意味すら知らない人が増えています。
知っていても使う人が多くいますが、忌み言葉をスピーチでは印象はよくありません。少し例を挙げてみましたので参考にしてください。

一番多いのが、スピーチの終わりがけに「最後になりますが・・」といってしまうこと。「最後」というのは忌み言葉なのです。新たな出発をする晴の日に、最後という言葉はよくありません。「これをもってお祝いの言葉といたします」とするといいでしょう。「くれぐれも花嫁を幸せにしてください」と新郎に言いたくなるでしょうが、これもタブーです。 「くれぐれ」などのかさね言葉は、再び・・再婚をイメージさせるためよくありません。 好印象なのは「花嫁と末永くお幸せに」と言えばいいでしょう。

「今度こそ幸せになって下さい」などの「今度こそ」は余計なお世話です。再婚であったとしても、それを口にしてはいけません。ここは普通に「幸せな家庭を作って下さい」としておけばいいでしょう。
晩婚の新郎や新婦に対して「やっと春の訪れがきましたね」と言うのはセンスがありません。今は平均の結婚年齢が高くなっていて、晩婚なのは結婚する当事者のポリシーかもしれません。自分の基準だけで考えないようにしましょう。

「花嫁は姉さん女房なので...」も、聞く人にとっては不愉快に感じる方もいるでしょう。年齢に関することは触れないことが良いでしょう。「早く赤ちゃんを作って・・・」というもの、二人の問題ですから、これも他人がとやかく言うことではありません。一昔前ならともかく、今は子供の話はしない方が無難です。「できちゃった結婚」であっても、そのことにはなるべく触れないようにしてあげてください。

PR
【2010/10/01 03:19 】 | 結婚式スピーチのNG言葉 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<上司としてのスピーチ | ホーム |
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム |