忍者ブログ
  • 2018.05
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2018.07
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/06/23 00:06 】 |
上司としてのスピーチ

司会に「新郎もしくは新婦の上司であられる・・・」と紹介されて、マイクに向かい、「A男さん、B子さんご結婚おめでとうございます。また、ご両家のみなさま方、本日は誠におめでとうございます」と、先ずは新郎新婦に、次に親族の順で挨拶をします。 新郎新婦を呼ぶときは、新郎の上司であれば「新婦のB子さん」などと相手のお名前の上に新郎または新婦を付け足して呼びます。

自分と新郎もしくは新婦との職場上の関係を説明したら、最初に新郎もしくは新婦を見たときの印象を話しましょう。もちろん最初からよい印象であったと話す方がいいのですが、無理をせず正直に話してもいいかと思います。そうしておいて「ところが」とか「思いのほか」などと切り出し、実はとっても働き者だったとか優秀だったといって褒めるるとメリハリがつきます。もちろん最初からよい印象であったと話す方がいいのですが、無理をせず正直に話してもいいかと思います。

続いて、新郎もしくは新婦の職場での働きや活躍を話しましょう。新郎であれば、業務成績や会社への貢献度。新婦であれば、彼女が来てから職場の雰囲気が良くなった、などと持っていけば受けがいいでしょう。しかしながら、まれにどこを探しても褒めるところが全くないといった新郎もしくは新婦もいるでしょうが、そうは言わず、どこかひとつでもいいので良いところを探してあげることです。

そして最後には新生活について言及します。「仕事はもちろん大事ですが、家庭も大事であることは申すまでもございません」といったかんじですね。お互いに支えあって幸せな家庭を作ってほしい旨を述べて、終わりの挨拶となります。

PR
【2010/10/15 09:09 】 | 上司の結婚式スピーチ | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<結婚式スピーチでのNG文言集 | ホーム | 結婚式スピーチの事前準備とリハーサル>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>