忍者ブログ
  • 2018.01
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2018.03
[PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

【2018/02/25 04:54 】 |
友人代表としてのスピーチ

司会者の指名を受けて「本日はこのようなおめでたい席にお招きいただき、まことに有難うございます」と言う。 これは常套句です。それに続いて、「ご指名により、私より一言お祝いの言葉を述べさせていただきます。」というのも常套句です。友人や同僚を代表するつもりでお祝いの言葉を伝えましょう。

新郎新婦、および親族の方達へひととおり挨拶がすんだら、自分と新郎、もしくは新婦との間柄を紹介します。具体的には新郎、新婦とはどこで知り合って、どう親睦を深めたのか話しましょう。思わぬ新郎、新婦の人柄が見えるときがあるので聞き手の関心を引きます。

ゲストの関心が高まったところで、新郎もしくは新婦といっしょにやらかした成功談や失敗談を話すと良いでしょう。自分が新郎もしくは新婦に助けられたという話であれば、申し分ありません。できるだけ彼らに花を持たせることができるエピソードを選ぶのがポイントです。

それから、二人の馴れ初めについて述べます。その披露宴で彼らの馴れ初めを語れるのはあなただけでしょうから、聞き手が最も注目する場面です。とはいえ、スピーチの時間は短いので詳しく話をするわけにはいきません。スピーチの時間は限られていますのでさらっと流す程度で構いません。彼または彼女を紹介してもらったときの印象だけでも結構です。それから先ほども述べましたが、二人の赤ちゃんを期待する言葉や、たとえ出来ちゃった婚だとしても、それには触れないでおきましょう。 そしてスピーチの最後に、二人の仲がいつまでも幸せに続きますようにと願って終わります。

PR
【2010/10/20 09:27 】 | 結婚式のスピーチ友人代表編 | 有り難いご意見(0) | トラックバック(0)
<<結婚式スピーチで準備するもの | ホーム | 上司としてのスピーチ>>
有り難いご意見
貴重なご意見の投稿














虎カムバック
トラックバックURL

<<前ページ | ホーム | 次ページ>>